poco a poco

アクセスカウンタ

zoom RSS 奥山仙台市長の手紙

<<   作成日時 : 2011/05/22 21:51   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

みなさまからお預かりしておりました義捐金が仙台市に届けられました。
詳しくは過去ブログをご覧ください。
「あなたもハチドリ」
「仙台シニアネットを応援しています!」

震災から2ヶ月以上が経った今、私達にできることはまたそれぞれに違った形になることと思いますが、被災されたみなさまのことを忘れずにいたいと思います。
お礼のお手紙が仙台市長奥山恵美子様より届きましたのでお知らせいたします。
花パソスタッフ一同よりもみなさまにお礼申し上げます。(二宮記)
*********************************
画像(奥山仙台市長の手紙全文)
みなさま
このたびの東日本大震災にあたりましては、多くのみなさまから、温かい支援のお気持ちと義捐金をいただき、まことにありがとうございます。
震災直後には、10万人をこえる市民の方々が、300か所以上の避難所にあふれ、物資も燃料も行き届かず、寒さの中、大変な状況でありましたが、電気が4〜5日後から徐々に回復し、3月末には、水道が復旧、4月末に地下鉄等の公共交通機関が、全線運行開始ということで、ゴールデンウィーク前には、海岸部の津波被災地と北西部の宅地被害が大きい地域をのぞいては、ほぼ、通常の市民生活に戻ることができました。
 しかしながら、東部の津波により冠水した1800ヘクタールの農地の復旧、壊滅した海岸部の集落の集団移転、地割れや地すべりに襲われた宅地の復旧等は、これから長く時間がかかり、厳しい道のりが続くものと予想されます。
 そんな中でも、津波の被害が大きかった3つの小学校は、それぞれ近隣の学校の校舎を借りて、新学期をスタートさせ、子どもたちは、元気に学校へ通っております。給食センターも被災したので、4月中は、パンと牛乳だけの給食でしたが、5月にはいり、徐々に完全給食に向けて作業を進めています。
 どんな時でも、子どもたちの笑顔は、私たちの励みであり、大人たちを元気づけてくれます。今回の被災で、直接の被害地でない地域も、観光客等が激減し、活気が失われておりますので、東北6県そろって、夏祭りを力いっぱい開催しようと、そのための準備も始まりました。
 東北夏祭りネットワークでは、7月9日に、千葉の舞浜で、「第2回 東北6県夏祭り in IKSPIARI」を開催します。もし、お時間がおありでしたら、ちょっと、のぞいてみていただけるとうれしいです。
 みなさまの励ましのお気持ちに、心から感謝申し上げます。

 平成23年5月16日
                     仙台市長   奥山恵美子

***********************************

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
私の父は平成24年11月18日仙台市立病院整形外科に骨折で入院し平成24年12月3日仙台市立病院で身体拘束による肺炎で亡くなったそうです。葬儀場で3年ぶりに会えた父。悲しいことにミイラ化し面影すらありませんでした。今日も仙台市立病院へ身体拘束反対の抗議をしてきましたが、子供に優しい認定病院ならば、高齢者にも優しい新仙台市立病院に・・・と願います。どうぞ、父のしを無駄にしないでください。人権を尊重し身体拘束ゼロをめざしてください。明日の自分の身に起こりうることと真剣に考えてみてください












私の父はこっつ






















つ平成24年12月3日仙台市立病医院
あなたの名前はすきになれません
2013/03/18 23:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
奥山仙台市長の手紙 poco a poco /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる